/

この記事は会員限定です

建設石綿、全面解決に道

原告に国が和解金、訴訟外も給付金 与党検討

[有料会員限定]

建設現場でのアスベスト(石綿)による健康被害を巡る集団訴訟に関し、与党プロジェクトチーム(PT)がまとめた救済策が明らかになった。原告に症状に応じた和解金などを支払うほか、訴訟に加わっていない被害者への給付金制度も検討されており、具体化すれば全面解決に向けた大きな前進となる。

元建設労働者が国やメーカーに損害賠償を求める訴訟は全国各地で相次いでおり、最高裁は17日の判決で初めて統一判断を示す見通し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン