/

この記事は会員限定です

米当局委員、セブンの買収「違法」声明

独占を懸念

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米連邦取引委員会(FTC)は14日、セブン&アイ・ホールディングスによるガソリンスタンド併設型コンビニエンスストアの米スピードウェイ買収に異議を唱える委員2人の声明を公表した。買収が「独占につながる懸念がある違法なものだ」と指摘し、全米のガソリンスタンドやコンビニでの価格高騰を招くと非難した。

スピードウェイをめぐっては、セブン&アイが日本時間15日未明、米石油精製会社マラソン・ペトロリアムから買収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン