/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃 戦争紙一重

米、被害重大なら軍事報復示唆 国際法上の武力行使に該当も

[有料会員限定]

米国で石油パイプラインがサイバー攻撃を受けた事件を契機に、電子空間での攻防の激しさが改めて鮮明になった。米政府は被害が重大なら軍事的手段で報復する構えも見せるが、国際法上の解釈の問題や事態エスカレートの危険もはらむ。

攻撃者を断定

一般にサイバー攻撃は、攻撃者側が自分の正体を特定されないよう、さまざまな中継地点を経由するとともに、発覚しにくい形でコンピューターウイルスを標的のシステムの中に埋め込む。

米国など一部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン