/

この記事は会員限定です

創意工夫がコードの本質

[有料会員限定]

コーポレートガバナンス・コードの改訂案が示された。今回の改訂で最も重要なのは取締役会の多様性である。従前はジェンダーや国際性を多様性の事例として示していたが、今回は職歴、年齢を書き加え、さらにスキルマトリクスの開示を要請した。

これらは一見、上場企業に新たな負荷をかけただけのようだが、より深い意味がある。それはコードの議論が量から質に移ったことである。

コードに記された原則は法律ではないから、すべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン