/

この記事は会員限定です

出前館、稼ぐ力戻るか

ウーバー対抗、かさむ投資 大幅増収でも回収できず

[有料会員限定]

出前館の株価が2020年12月末比で4割下落している。外出自粛下で足元の売上高が約3倍に拡大する中、稼ぐ力への懸念が出ているためだ。お金の流れを「見える化」すると、ウーバーイーツジャパン(東京・港)などとの競争を勝ち抜くために投資を積極化した一方で、それに見合うリターンを生み出せていない実情が浮かぶ。

20年9月~21年2月期の連結決算は異様な状態が浮かび上がった。売上高は前年同期比2.7倍の104億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン