/

この記事は会員限定です

非製造業回復、ワクチン頼み

今期3割増益 航空など下振れ懸念

[有料会員限定]

2022年3月期の企業業績で焦点となるのは、製造業に比べて回復の遅れる非製造業の動向だ。今期の純利益は会社予想ベースで前期比33%増を計画するが、新型コロナウイルスワクチンの普及を前提とする企業が多い。ワクチン普及が遅れれば航空や鉄道などで下振れする懸念がある。企業業績の回復に広がりを欠きかねない。(1面参照

14日は3月期企業のうち750社超が21年3月期決算を発表し、ピークを迎えた。前期に巨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン