/

この記事は会員限定です

東南アが課税強化 企業警戒

コロナで財政難、調査活発に 移転価格など日系も標的

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの対応に伴う財政悪化を背景に、東南アジア諸国が課税を強化している。税務調査のペースが上がり、資料の提出期限を短くするなど手続きも厳しくなった。現地に税務の専門人材が少ない日本企業が標的になる例もある。専門家からは「調査に備えた事前の準備が重要だ」との声が上がっている。

「過去、複数年の取引に関する文書を出してください」。2021年はじめごろから、マレーシアやタイに進出する複数の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン