/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃「身代金」5億円 米パイプライン会社が支払い

米メディア報道、専門家間でも賛否

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米東海岸の燃料パイプラインが犯罪集団「ダークサイド」によるサイバー攻撃を受けた問題で、複数の米メディアは13日、運営会社コロニアル・パイプラインが500万ドル(約5億5000万円)近い身代金を支払っていたと報じた。同社は身代金の支払いの有無を明らかにしていない。(関連記事総合面に)

米ブルームバーグ通信が事情に詳しい2人の話として報じたところによると、コロニアルは7日に追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン