/

この記事は会員限定です

上村松園作品100年ぶり発見 行方不明の「清少納言」

京都で公開へ

[有料会員限定]

美人画の大家として知られる日本画家、上村松園(1875~1949年)の行方不明となっていた作品が100年以上の時を経て発見された。京都市京セラ美術館で7月17日から行われる開館1周年記念の上村松園回顧展で、初めて公開される。

発見されたのは、1917~18年ごろに描かれたとみられる「清少納言」という作品。平安時代の作家・歌人である清少納言が中宮定子の問いかけに応えてみすを上げている様子を描く、枕草...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン