/

この記事は会員限定です

建設石綿訴訟17日に上告審判決 国・企業の責任、統一判断

[有料会員限定]

建設現場でアスベスト(石綿)を含んだ建材を扱って粉じんを吸い、重い肺の病気になった元労働者と遺族が、国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の集団訴訟の上告審判決が17日、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)で言い渡される。

主な争点となる国やメーカーの責任について、二審の結論が分かれており、最高裁が初めて統一判断を示す見通しだ。

「建設アスベスト訴訟」は2008年以降、全国各地で起こされ、4件は横浜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン