/

この記事は会員限定です

日米、脱炭素でも対中圧力

「途上国」優遇、是正狙う

[有料会員限定]

日米両政府が連携し、中国に温暖化ガスの排出削減に向けて先進国並みに積極的に取り組むよう圧力を強める。まずは国際条約の枠組みで中国が「途上国」扱いを受けて優遇されている現状の是正を目指す。安全保障や人権問題だけでなく脱炭素分野も新たな中国との対立軸になりつつある。

中国を念頭に「主要なステークホルダーが立場に見合った国際的な義務と責任を果たすことを確保する」よう呼びかける。6月の主要7カ国首脳会議(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン