/

この記事は会員限定です

家庭トラブル、ウェブで調停

東京など4家裁、試行検討 迅速な解決を期待

[有料会員限定]

離婚や相続などの紛争を取り扱う家事調停について、手続きをオンラインで進める「ウェブ会議」の導入を最高裁が検討していることが13日分かった。東京や大阪など4家裁で2021年度内の試行を目指す。国が進める司法手続きのデジタル化の一環で、身近な法的トラブルを迅速に解決するのが狙いだ。

家事調停は離婚や財産分与、親権者の指定、面会交流、遺産相続など家庭を巡る紛争について話し合いで解決を図る非公開の手続き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン