/

この記事は会員限定です

(Angle)米中対立の新たな舞台

宇宙デカップリングの悪夢

[有料会員限定]

宇宙への夢は尽きない。国際宇宙ステーション(ISS)に半年近く滞在した宇宙飛行士の野口聡一さんが2日、米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」で地球に帰還した。

ISSを舞台にした日本人飛行士の活躍に触れ、もういちど見たくなった映画がある。2013年に公開され、米アカデミー賞で7冠を取った「ゼロ・グラビティ」だ。

物語はハッブル宇宙望遠鏡を修理していた飛行士たちが、大量の宇宙ごみに襲われる場面から始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン