/

この記事は会員限定です

〈寄稿〉中国GDP倍増計画 産業用ロボットがけん引

ブラックロック香港現地法人マネージングディレクター ヘニー・センダー氏

[有料会員限定]

今の中国の状況は、労働人口の高齢化で労働力より資本の活用が必要になった1990年代の日本と似ているようだ。

多くのエコノミストは、中国では労働人口が2013年をピークに減少していることで、経済成長が鈍化し製造業が空洞化しつつあるとみる。だが製造業はなお中国の国内総生産(GDP)の27%を占めている。

高齢化が進むなか、中国政府はどうやって35年までにGDPを倍増させるつもりなのか。見通しはそれほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン