/

この記事は会員限定です

ベテラン役員のガバナンス論

[有料会員限定]

上場会社のコーポレートガバナンス(CG)は、監査役(会)設置会社より監査等委員会設置会社が優れ、最良の形態が指名委員会等設置会社だとされる。

筆者はこの15年余り、社外取締役として、これらすべての形態を経験してきた。そこで明言できることは、形式以上に人が大切で、適格な人材を配置できる組織規律や企業文化がカギになるという点につきる。見栄えではなく中身だともいえる。

理屈上は、最近の理論はおおむね正し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン