/

この記事は会員限定です

村上・畠田瞳が有力、3枠目争い大接戦

あす女子

[有料会員限定]

代表争いが最後までもつれそうな男子に対し、15日の女子は上位2人がほぼ当確といえる。村上茉愛(日体ク)は格の違いを見せつける演技で全日本選手権を快勝。決勝の平均台で落下があったものの、残る3種目で目標の14点台に乗せた。

追いつかれる心配はなさそうだが、「全てにおいて五輪をイメージしてやっていかないと。一つひとつの試合が貴重になってくる」。五輪本番では個人総合などで複数のメダル獲得を狙うだけに気の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン