/

この記事は会員限定です

逆境こそ明るく 常に楽しむ

オイシックス・ラ・大地 高島宏平社長(上)

[有料会員限定]

生鮮宅配のオイシックス・ラ・大地は新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要で好調が続く。2021年3月期の連結売上高は975億円、純利益は40億円と、ともに過去最高を見込む。ただ創業期は生産者との関係づくりに苦労し、資金繰り難や東日本大震災にも見舞われた。高島宏平社長は「困難な時ほどリーダーは明るく」と語る。「ピンチを楽しむことで結束が強くなった」という。

――00年にオイシックスを創業しました。

「ちょうどIT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン