/

この記事は会員限定です

〈水素 戦略を聞く〉長所生かす用途 精査を

ブルームバーグNEF水素リードアナリスト マルティン・テングレル氏

[有料会員限定]

水素は脱炭素を進める上での手段だ。日本は「水素のための水素戦略」「燃料電池のための水素戦略」になっている恐れがある。政府は水素基本戦略の見直しを検討する方針で、50年に温暖化ガスを実質ゼロにするという目標に整合した計画にすべきだ。

様々な選択肢の中で、一番安い方法は何かということを考える必要がある。

例えば電気自動車(EV)は2020年末までに累計約1000万台が販売され、蓄電池が安くなっているの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン