/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、衣料・都心に逆風

休業で290億円減収

[有料会員限定]

緊急事態宣言の延長に伴う東京都などの休業要請で三越伊勢丹ホールディングス(HD)が苦境に立たされている。「生活必需品ではない」として休業する衣料品売り場や、営業規制がかかる東京都心の店舗の売上比率が大きいからだ。今回の休業による売り上げの機会損失は290億円に達する。2022年3月期の連結最終損益は、2期連続の最終赤字となった前期からの黒字転換を見込むが、実現にはグループの連携が重要になる。

「非常に厳しい内容だ」。12日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン