/

この記事は会員限定です

コンコルディア、前期純利益46%減 投信で損失

[有料会員限定]

横浜銀行と東日本銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループは12日、2021年3月期の連結純利益が前の期比46%減の253億円だったと発表した。株価が下落すると利益が生じる投資信託が堅調な株式市場で含み損を抱えたため、約240億円の損失処理に踏み切った。

22年3月期の連結純利益は前期の特殊要因がなく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン