/

この記事は会員限定です

(価格は語る) 「臨都心」不動産に勢い コロナ禍で新たな需要

東京・中野で賃料上昇、空室少なく 動き出す3000億円再開発

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に伴う業績悪化や働き方の見直しで東京都心のオフィスに空室が増え始めた。一方、近郊の主要駅周辺のオフィス市況は堅調だ。最たる例が「中野」だ。都心のオフィス賃料は下がっているが、中野区は緩やかに上がっている。都心と郊外の間の「臨都心・近郊外」が新しい就労・生活様式で見直されている。判明分で3千億円超を投じる再開発もあり、不動産市況が勢いづく可能性もある。

国内外の名だたるミュージシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン