/

この記事は会員限定です

JR九州、今期は129億円の黒字予想

前期、上場後初の最終赤字 青柳社長「抜本改革進める」

[有料会員限定]

JR九州が12日発表した2021年3月期の連結決算は、最終損益が189億円の赤字(前の期は314億円の黒字)となった。新型コロナウイルス禍で旅客需要が落ち込み、16年の上場後初めての赤字となった。記者会見した青柳俊彦社長は「コロナの影響で非常に厳しい1年だった」と述べた。22年3月期はワクチン接種の広がりで需要が緩やかに回復すると予想し、129億円の最終黒字への転換をめざす。

売上高は前の期比32%減の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン