/

この記事は会員限定です

患者の悩み、理解求める活動も

[有料会員限定]

多汗症をめぐっては、生活の不便さに加え、手の汗で握手が苦手といった悩みが患者から聞かれる。孤立しないよう、社会に理解を求める活動が広がりつつある。

映像クリエイター、本間洸貴さん(29)は2019年、多汗症がテーマの映画を制作した。自らも多汗症で、これまで汗を隠す対策に苦労してきた。「少しでも患者の悩みや苦労を知ってもらいたい」との思いで撮影したという。

独自の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン