/

この記事は会員限定です

大量の発汗、実は「多汗症」

治療で改善「気軽に受診を」

[有料会員限定]

暑さや緊張の有無に関係なく、大量に発汗する症状に悩む人は少なくない。仕事に支障が出るなどして、対人関係にも消極的になりがちだ。実は汗かきといった体質ではなく、「多汗症」と診断される可能性がある。治療薬などで症状が軽くなるケースもあり、専門家は「独りで悩まず、気軽に受診してほしい」と訴える。

「接客業なので、わきの汗は相当なストレスになっている」。東京都内の百貨店に勤務する女性(28)はこう打ち明け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン