/

この記事は会員限定です

ブラジルで「社会実験」、中国ワクチン接種97%

サンパウロ州の都市、重症・死者が減少

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】中国がワクチン外交として提供を呼びかける中国製の新型コロナウイルスワクチンに新興国が注目している。ブラジル・サンパウロ州のセハナ市で、18歳以上の市民全員に中国製のワクチンを接種する「社会実験」が実施された。欧米製より入手しやすく、一定の効果が見込めれば新興国にとっても希望となる。

5月3日の昼下がり。セハナ大通りのベンチで談笑している人たちは全員マスクを着けていなかった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン