/

この記事は会員限定です

米の油送管停止、製油減産リスク

復旧来週ならガソリン急騰も

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】サイバー攻撃による米東部の燃料パイプラインの停止が続いている。運営会社は10日、今週末までに再開をめざすと表明したが、輸送網の目詰まりが来週まで続けば製油業者が生産停止を迫られガソリン価格が急騰するとの予測もある。(総合2面参照

米連邦捜査局(FBI)は10日、サイバー攻撃が犯罪集団「ダークサイド」の犯行だと断定した。運営会社コロニアル・パイプラインは同日の声明で「週末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン