/

この記事は会員限定です

株安 日本・アジア波及

半導体・電子部品の下げ目立つ 割安銘柄へのシフト底流

[有料会員限定]

米国のテック株安は11日のアジア市場に波及した。日経平均株価は前日比3.1%安、台湾加権指数は3.8%安と下落幅が大きかった。昨年来、上昇が顕著だった半導体株や電子部品株の下げが目立つ。比較的に割安感の残る銘柄に資金をシフトさせる動きが続いていたところに、米テック株安のショックが重なり売りが加速した。

1面参照

東京市場では36業種中34業種が下落するなかで、業種別日経平均「電気機器」が3%安と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン