/

この記事は会員限定です

「物言う」機関投資家

透明性増す総会、資本市場に弾み

[有料会員限定]

投資の連鎖で持続的な価値を生み出すには、投資家と企業の活発な対話が欠かせない。国内運用会社などの機関投資家が経営課題を抱える企業に対し、株主総会でノーを突き付け始めた。個別の総会議案に対する賛否結果の開示が浸透し、より合理的な議決権行使が求められるようになったためだ。かつて国内の機関投資家は企業側に配慮し「物言わぬ株主」と皮肉られたが、今や株主提案に賛成票を投じることも増えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン