/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(4) 患者受け入れの「向き不向き」

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

新型コロナ患者が多くの医療機関に分散して入院している日本の現状は、病院経営の観点からも重要なポイントです。コロナ患者を受け入れるには通常医療の広範なキャンセルが伴います。その程度は、コロナ患者とそれ以外の患者の動線をどれくらい明確に分けられるかによります。

このゾーニングの適合性は、建築構造や医療スタッフの数など、短期的には調整できない要素で決まり、おのずと受け入れに関する「向き不向き」があると考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン