/

この記事は会員限定です

きょうのお題は新茶

茶殻も丸ごと活用 管理栄養士 今泉マユ子

[有料会員限定]

新緑がまぶしい5月、新茶が出回る季節だ。「新茶」とは、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のことで、一番茶とも呼ばれる。新芽らしい爽やかな香りとまろやかな味が特徴だ。立春から八十八夜(八十八日目)に当たる五月上旬ごろが最盛期。鹿児島などの温暖な地域から摘み採りが始まり、桜前線と同様に徐々に北上していく。今年の八十八夜は5月1日。初物のお茶を飲むと、1年間無病息災で過ごせるとの言い伝え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン