/

この記事は会員限定です

リッカルド・ムーティ指揮「マクベス」

ヴェルディの本質伝える

[有料会員限定]

イタリアの人間国宝といって過言ではない名指揮者、79歳のリッカルド・ムーティが演奏会形式で上演したヴェルディ初期の傑作「マクベス」。

その指揮はたぎるように熱く精気に満ち、俊敏に絶妙のコントロールをみせる。主役のアナスタシア・バルトリ(マクベス夫人)とルカ・ミケレッティ(マクベス)という俊英を含む歌手たちと、日本のイタリア・オペラ・アカデミー合唱団と東京春祭オーケストラを呼応させ、シェークスピア原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン