/

この記事は会員限定です

大手銀、割安に少額送金

スマホ活用、地銀も参加へ

[有料会員限定]

大手銀行が割安な手数料で送金できるスマートフォン向けサービスを始める。まず、三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそな銀行の5行で始める。割高と批判されてきた銀行の送金手数料がスマホを使った決済で下がる。

今は同じスマホ決済事業者の利用者同士なら送金が無料で、若い世代を中心に利用が広がる。大手行はライバルであるスマホ決済事業者や地方銀行にも参加を呼びかける。会社が違っても割安に送金することで、利便性を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン