/

この記事は会員限定です

人の流れ AIで最適化

東大・ソフトバンク、駅周辺で実験

[有料会員限定]

東京大学とソフトバンクは人工知能(AI)を用いて人の流れを誘導する技術の開発に乗り出す。街中での移動や商品購入の行動データを分析し、密集などが起きにくい快適な環境づくりにつなげる。小田急線海老名駅(神奈川県)と周辺の施設を対象に実証実験する。

開発するのは「次世代AI都市シミュレーター」と名付けたシステムで仮想空間に現実を再現する「デジタルツイン」の手法を用いる。実験には東大、ソフトバン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン