/

この記事は会員限定です

型破りには訳がある

A・ラミレス

[有料会員限定]

見ている人はユニークだと思っただろうか、クレージーだとあきれただろうか。監督時代の私は「8番投手」という打線を頻繁に組んだ。

最初はジョー・ウィーランドという投手の野手並みの打力を生かしたいというところから生まれたアイデアだった。しかし間もなく、条件が整えば、打力のない投手でも8番におく方が理にかなう気がしてきた。

最も一般的な打順は8番に捕手など、9番投手、1番に俊足、2番に小技が得意な選手をお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン