/

この記事は会員限定です

ファナック、回復5合目

前期営業利益率20%台に ロボ先行投資は負担

[有料会員限定]

ファナックの稼ぐ力がピーク時の5合目まで回復してきた。2021年3月期の売上高営業利益率は新型コロナウイルス下でも競合を大きく上回る20%台に乗せ、3期ぶりに最終増益となった。ただ中国需要を狙った先行投資の償却負担はなお重い。世界経済の先行きが不透明ななか、投資回収が今後の焦点となる。

21年3月期の連結純利益は940億円と前の期比28%増え、売上高営業利益率は20.4%と2年ぶりに2割台にのせた。20年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン