/

この記事は会員限定です

(政策を聞く〈EV〉)次世代電池、官民で投資

公明・経産部会長 中野洋昌氏

[有料会員限定]

電気自動車(EV)の普及率は先進国でも5%以下の国が多く、途上にある。価格や充電インフラの整備が普及のネックになる。補助金など消費者の負担を減らす取り組みや、安く作り長く走れるバッテリーの技術開発が必要だ。

コアとなる部品の技術開発が求められる。バッテリーは日本の得意分野だった。今は中国や韓国が強い。次世代バッテリーを日本が先駆けて作れる開発支援が急務だ。

官民が力を合わせて投資すべきだ。欧州連合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン