/

この記事は会員限定です

中国、軍系企業の元幹部摘発 引き締めで権力固め

党大会にらむ

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が軍系企業の元幹部を相次いで摘発している。汚職などの疑いに関する調査の手は人民解放軍そのものにも及ぶ。米国との対立や台湾を巡る緊張が続くなか、中国共産党は2022年秋に5年に1度の重要会議である党大会を開く。習指導部は権力基盤の一段の強化を狙い、軍内部の引き締めに動く。

党幹部の腐敗を摘発する党中央規律検査委員会と国家監察委員会は4月、中国兵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン