/

この記事は会員限定です

日本、デジタルで出遅れ

「漫画大国」は紙主体

[有料会員限定]

コンテンツを豊富に持つ「漫画大国」日本は、世界市場の開拓では出遅れている。言語の問題だけでなく、漫画誌や単行本という紙主体の作品作りが中心で、デジタルでの事業展開に消極的だったためだ。

日本では講談社、集英社、小学館などの出版社が漫画家を育成して週刊誌に掲載し、アニメ化、映画化、グッズ販売へと展開していくのが成功方程式とされる。1億人を超える国内市場で一定の収益を確保できたことに加え、海賊版サイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません