/

この記事は会員限定です

三井住友FG、会計システム統一へ

銀行・証券・信託など200社

[有料会員限定]

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は2025年度をメドに、グループ会社の会計システムを統一する。約150億円を投じて日本オラクルのシステムを導入する。収益をタイムリーに管理できるようにすることで、経営判断の迅速化につなげる。銀行や証券、信託などグループの会計システムを統一するのはメガバンクグループで初めて。

23年度に三井住友銀行やSMBC日興証券などグループの主要5社に導入する。その後、25年度をメドに約200社ある国内の連結子会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン