/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(3) 患者集約が危機回避の道

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

新型コロナ患者の受け入れが病院経営に直結する一方で、わが国では多くの病院に病床の提供が要請されています。2021年2月24日時点で、1036病院が専用病院化や病棟を設定する医療機関(重点医療機関)に指定され、8病院に1つでコロナ患者受け入れが可能な計算です。

しかし、病院あたりのコロナ病床数は非常に少なく、最も患者を受け入れている病院の1つ、東京医科歯科大学病院(753床)でも約50床(21年4月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン