/

この記事は会員限定です

ギグワーカーの未来(上) 高い裁量性、経済的自立の鍵

石山恒貴・法政大学教授

[有料会員限定]

ギグエコノミーとは、デジタルプラットフォームと呼ばれるオンライン上で様々な取引をする仕組みが隆盛する経済を示す。そしてデジタルプラットフォームを利用して単発の仕事をする者が、ギグワーカーと呼ばれるようになった。

ギグワーカーには両面の評価がある。デジタルプラットフォームでは、個人間の貸借や売買などのシェア(共有)が可能になり、分散型システムとして機能する。そこでは、理想的には個人間の信頼と連帯に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン