/

この記事は会員限定です

オンライン診療 態勢遅れ

コロナで解禁 対面と併用も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で、初診も含めたオンライン診療が昨年4月に時限措置として全面解禁され、1年が経過した。新たな選択肢として好評だが、医療機関の対応は鈍い。利点を生かし、適切な治療につなげるには対面との使い分けも重要だ。

「保健所に連絡がつかなかった頃、医師にオンライン診療で相談でき、心強かった」

都内の会社員、牧野誠さんは昨年4月の出来事を振り返る。同僚にコロナ感染の疑いが判明し、自身も37.5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン