/

この記事は会員限定です

煮干しラーメン 無垢で純真な芳香

小泉武夫

[有料会員限定]

我が輩が生まれた家の向かい隣に「仙台屋」というラーメン屋がある。歩いて1分かからないので、子供のときからよく食べていた。この店の創業は明治40(1907)年で、今も行列の出来る名店である。今は鶏ガラ、豚ガラ、煮干しや削り節、野菜などでスープを取るらしいが、我が輩のころは煮干しと削り節が主体だったようで、いつも煮干しのほのかな香りが立ってきた。

そんなわけで、今でも煮干し系ラーメンには昔の懐かしさが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン