/

この記事は会員限定です

(政策を聞く〈女性の雇用〉)スキル取得伴う支援を

立民・参院議員 塩村文夏氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で女性の働く環境が厳しさを増す。自粛要請を受ける職種は女性の非正規労働者が占める割合が高い。失業状態に近い人も多いとみられる。

コロナ禍という非常時に女性の雇用を維持する仕組みができていない。コロナ後の経済成長力の底上げを考えれば、女性の労働市場への参加を促すことが欠かせない。

短期的には休業手当を受け取れていない非正規労働者らに支給する休業支援金制度の周知が必要だ。制度を知ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン