/

この記事は会員限定です

習氏「東京五輪開催を」 IOC会長と電話協議

北京ボイコット論けん制

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は7日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話協議した。習氏は「IOCと引き続き力を合わせ、東京五輪開催を支持したい」と強調した。中国外務省が同日発表した。

中国外務省によると、バッハ氏は「オリンピックスポーツの政治化に反対する」と言及した。習氏は来年2月の北京冬季五輪の予定通りの開催に「成功させる自信に満ちている」と発言した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン