/

この記事は会員限定です

Hを制する(5)求む、脱炭素の司令塔

バラバラの水素政策

[有料会員限定]

化学コンビナートから副産物として水素(元素記号H)が出る山口県周南市。燃料に活用しようと2015年度に水素活用計画を策定した。

水素はセ氏マイナス253度に冷却して液化し、タンクローリーで市内にある水素ステーションに運ぶ。真空断熱のタンクに蓄えられ燃料電池車(FCV)に充填できる。隣接する卸売市場には燃料電池を置き、場内の電気や熱をまかなう。

虎の子電池撤去

一連の水素供給網を整えるには数億円の費用がかかる。地元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン