/

この記事は会員限定です

シンガポール大手銀、2行が最高益更新

1~3月

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポールの大手銀行の業績回復が鮮明になっている。7日に出そろった2021年1~3月期決算はDBSグループ・ホールディングスとオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)が四半期ベースの最高益を更新した。不良債権処理費用の減少に加え、資産運用などの手数料収入が業績を押し上げた。

シンガポール大手銀の主要な営業地域であるシンガポールや中華圏は新型コロナウイルスの感染を抑え、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン