/

この記事は会員限定です

「直前困る」「いつまで続く」 県内で戸惑いの声も

[有料会員限定]

緊急事態宣言適用に向け、福岡の飲食店や商業施設も対応に追われた。

飲食店は大半が一段の対策に応じる。もつ鍋店チェーン「楽天地」を運営する楽天地(福岡市)は一部店舗の休業も検討する。うどん店や焼肉店の「ウエスト」も営業時間の短縮や酒類の提供自粛を実施する方針だ。

度重なる自粛要請に苛立ちも高まっている。ある飲食店の関係者は「直前に方針が変わると食材の手配や協力金の申請などで困ることが多い。政府の方針...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン