/

この記事は会員限定です

活力損なう民営への介入

[有料会員限定]

中国と旧ソ連の経済面での違いは民営企業の有無だ。国営企業など公有部門で占められていた旧ソ連は非効率な経済運営から1980年代後半に事実上ゼロ成長に陥り、やがて共産党体制が瓦解した。いまの中国は民営企業が国内総生産(GDP)の6割以上を占め、成長をけん引する。問題は巨大化した民営企業に共産党がどこまで介入するのかにある。

中国政府はIT(情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン