/

この記事は会員限定です

(短評)『誰のための熱帯林保全か』笹岡正俊・藤原敬大編

[有料会員限定]

『誰のための熱帯林保全か』笹岡正俊・藤原敬大編

主にインドネシアの熱帯雨林を巡り、製紙会社やパーム油メーカーによる開発の問題点を指摘する。多数の専門家による研究会の成果だ。それによれば、環境破壊や児童労働も絡む乱開発は不買運動や補償を恐れる企業の自主規制で改善されたが、課題がなくなったわけではない。認証につながる報告書は企業に不利な事実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン